6月11日  大阪市立中野中学校陶芸教室

江田島には毎年数多くの中高生が民泊と言うかたちで、修学旅行に訪れています。

そして各家庭で民泊体験を致します。例えば農業とか、料理とか、魚釣り、牡蠣打ち、カヌー、などです。

江田島に来たのですから、その多くは海や山の野外の体験がほとんどなのですが、野外での体験はどうしても天候に左右されます。

そこで登場するのが、いつも室内開催の江田島焼陶芸体験なのでございます。(笑)

雨が降りそうな日の前日には、いつでも対応出来るように用意をしてスタンバイです。(笑)

ですが、今回は違います。

晴れていても陶芸体験をしたいと言う子供たちが40人も集まりました。(嬉しいですね!!)

皆さん、悪戦苦闘しながらも思い思いの形を一生懸命に作られました。

室内だって江田島の思い出は作れるぞ!!(笑)

今月中には、江田島産の牡蠣の殻を釉薬原料に使った、牡蠣肌釉で焼いて大阪に送りますから楽しみにしていて下さいね。

Comments are closed.